我が子の腕が・・・/最新情報

HOME > 最新情報 > 徳永接骨院スタッフブログ > 我が子の腕が・・・

我が子の腕が・・・

こんにちは。本院スタッフの立林です。

 

今日はプロ野球日本シリーズ第6戦。

楽天・田中投手の日本最後の投球かもしれません。

メジャーでも活躍するでしょうね。

そしてもう一つ、中日ドラゴンズの井端選手が球団から

大幅ダウンの年俸掲示をうけているそうで、事実上の戦力外ということでした。

今年のWBCでも大活躍した日本を代表する内野手の去就やいかに。

 

話は変わって・・・

何日か前も徳永接骨院に来院されたのですが、

小学校入学前くらいの年齢のお子さんが突然腕を動かさなくなったといって

連れてこられる方がいらっしゃいます。

親御さんはそりゃもう心配で、とても不安だと思います。

 

このケースの多くは「肘内障」といって

2歳~6歳くらいのお子さんにはとても起こりやすく、

肘の脱臼の小児バージョンといったところでしょうか。

お子さんの腕を引っ張ったときなどによく起こります。

 

そしてこれは比較的すぐに治すことが出来ます。

ウチでも、待合室でそのまま「パコッ」とはめてしまうことも多いです。

当の本人は大声で泣き叫ぶこともありますが、

実際痛みがあるわけではなく、白衣を着た見知らぬ人に触られるのが怖いんだと思います(´・ω・`)

肘内障になったまま一人で逆の腕を使って遊んでいることもあるので、

痛みは全くないと思われます。

 

小学校入学前は何度でも繰り返して肘内障になる可能性があるので、

なったらすぐ徳永接骨院につれてきてください(*^^*)

小学校低学年くらいで、いつの間にか肘内障にならなくなるので心配ないですね。

 

< 引き寄せの法則  |  一覧へ戻る  |  理想の夫婦 >

いつあき予約

TOPに戻る